ほっぺた落ちる料理と生活

食、語学、本とドイツものがたり。

001 結婚は食バトル ードイツ朝食でドラフト開始

ドイツにもモーニングがある。パンやチーズや卵が大きなお皿に盛られていて、見た目にお洒落だなあといつも見惚れてしまう。 ドイツに来て間もない頃、わざわざ地下鉄に乗って、とあるカフェによく朝食を食べに行った。この朝ごはんは、バスケットいっぱいに…

【外食】高菜みたい!やみつきになるグリューンコール

12月のドイツ、クリスマスマーケットで食べたグリューンコールは高菜ピラフの高菜みたいな味がした。じゃがいもが緑の菜っぱに混ぜこんである素敵な組み合わせ。 タルタルがかかった焼き鮭とか牛肉豚肉のカタマリとか油で揚げたじゃがいもとか、こってりした…

【京都】甘くない。京都いせはん抹茶パフェは辛党男子も食べられる

京都の抹茶パフェなんてどこも変わらないよと思ってる人に声を大にして言いたい。店によって、入ってるものも味も違う。 写真のは、京都京阪本線出町柳駅の近くにある茶房いせはんのいせはん抹茶パフェ。 このパフェ、甘くない。抹茶アイスもきなこアイスも…

【外食】ロバのサラミにギブアップ。ニュルニュルが飲みこめない。

まったくの不意打ちでロバを食べた。 フランスフェスタ。旦那さんがるんるんとサラミの出店を見ていたので、なんとなく店に近づくと、店の主人が謎のサラミを輪切りで一枚くれたのだ。確かめもせず口に入れたら、ロバだった。正確にいうと、豚とロバのサラミ…

【ポルトガル】小悪魔的魅力! 絶品、貝の酒蒸しを引き立てたのは誰だ?

最近ポルトガルに旅したときに、二枚貝のワイン蒸しを食べたのだけど、数ヶ月経った今でも忘れられないほど衝撃的に豊かな味だった。海の味が凝縮されているだけじゃない。レモンとコリアンダーが入っていて、なんとも言えない酸味と清涼感がある。 パクチー…

【外食】巨大フライパンにのけぞりながら食べた海老のアヒージョは、マヨネーズでさらに美味しい。

夏に、巨大な組み立て式遊園地、キルメスが街に来ていたというのに、高速で回るウワサの観覧車にも乗れず、代わりにといってはまったくおかしいけれど、ぶらりとフランスフェスタに行った。巨大フライパンで作った海老のアヒージョ!を発見。 たこ焼き器で作…

記事一覧

HOME ABOUT 食 【ポルトガル】小悪魔的魅力! 絶品、貝の酒蒸しを引き立てたのは誰だ? 【外食】つき刺されたハンバーガーほど美味しいものはない。 【雑記】女のドロドロには苺と檸檬のスムージーを。(無糖クリーム添えで) 【おうちごはん】コリコリ!鳥…

【外食】つき刺されたハンバーガーほど美味しいものはない。

食べるときに思わずのけぞりそうになる、素敵な盛り方。すなわち、ハンバーガーにはナイフを突き刺せ。特大のハンバーガーと散りばめられた大量のポメス(ドイツ語でフライドポテト)には慣れてきたけれど、この出し方には今でも驚いてしまう。そして、たっ…

【雑記】女のドロドロには苺と檸檬のスムージーを。(無糖クリーム添えで)

砂糖なしの生クリームほど心躍らせるものはない。この魅惑的カタマリが、苺と檸檬のスムージーに純白のブライダルドレスのごとくふわりと浮かぶ姿は、三十路までに結婚しろだの、年増には価値がないだのとのたまう日本の社会的不文律に苛立っていた頃の私で…

【おうちごはん】コリコリ!鳥の胃をおうちで食べてみた。

端的に生々しく言うと、鳥の胃を食べた。トルコショップに売っていたのを買って来て、塩、こしょう、ねぎで炒めてレモン汁をかけたのだけど、おうちの中が居酒屋に早変わりした気分だった。コリっコリ。そうかこれは砂ずりか。 ラードラーで良いから飲みたい…

【雑記】雨にもひるまず酒を飲む人々。

大画面テレビでホームシアターか、カフェに行って友人とおしゃべりするか。垣間見たドイツの人たちの雨の日の過ごし方ってそんなだ。 ところで、ドイツの人たちはテラスが大好き。真冬でさえ外で一杯やっている人もいる(!)。(通常、テラスは季節もので暖…

【外食】ザラふわ食感。生ハムとゴルゴンゾーラのニョッキ。

生まれて初めて食べたニョッキはザラザラふわふわの食感で、私には濃すぎるくらい濃厚なゴルゴンゾーラと、ゴルゴンゾーラよりしょっぱい生ハムが皿の上に乗っかっていた。 美味しい。けれどしょっぱい。こうなると、白ワインがほしい。今授乳中で飲めへん。…

【外食】ニンニク入りマヨが最高! 至福のフライドポテト生活。

ドイツで本当によくお目にかかるのがポメスPommes、すなわちフライドポテト。フライドポテト屋さんも存在していて、どこのフライドポテト屋さんが美味しいか話題になったりする。フライドポテトのない生活はちょっと考えられない、というくらい日常に登場す…

【ドイツ語】Hallo の使い方

Halloは「こんにちは」ですと言うとそうだけれど、これは呼びかける時にも使う。 風の強い日に、相方くんと街を歩いていたら、老婦人がかぶっていた帽子を飛ばしてしまった。ちょうど帽子が飛んだあたりを私たちが歩いていて「その帽子を取ってくれませんか…

【おうちごはん】生マッシュルームとオリーブがポイント!アボガドサーモン丼ほど楽うまなレシピはない。

スーパーに売ってる魚の種類が豊富とは言えないなかで、2日にいっぺんは魚を食べたいという願望を持ってしまったら、鮭とか鱈とか同じ魚をどれだけバリエーション豊富に料理できるかが満足な夕食を食べるための鍵になる。だから、ふつうの切り身の生鮭と、ス…

【挫折】真っ青!飛行石のようなチーズの正体を知る。

とある街の朝の市場で見つけた、日本にいた私にとってはほとんど幻のような真っ青なチーズ。 一目見た時になぜか飛行石を思い浮かべたので飛行石のような青いチーズって言ってみたけれど、あれはもっと深い青なので、飛行石と言うよりサファイアかトルコ石か…

【ドラッグストアでドイツ土産】パンの原種、古代の小麦使用? ドラッグストアで買ったワッフルにハマる。

買って袋を開けた後、ほどなくして相方さんと取りあいになったドラッグストアDM、自然食品BIOのワッフルは、我が家の朝食として常備されつつある。 165g、透明な袋に包まれた「古代小麦」という謎めいた小麦を使っているワッフルは、噛むほどに自然な甘さが…

【ドイツ語】見ているだけです schauen

お店でただ商品を見ているときに使う Wir nur schauen. 「私たちは見ているだけです」 語学学校で初めに習った「見る」という単語はsehen 。「見る」という文字だけを見てると、ウィンドウショッピングをしているときにも sehen を使いそうになる。 でも、シ…

【外食】甘辛カレーソーセージCurrywurstは未知の唐辛子が辛すぎた。

少し前、ドイツの河原で散歩していたときに途中で食べたカレーソーセージ、カリーヴルスト。濃厚な甘辛いカレーがソーセージと絡み合う! 小さなパンもついていて、ソーセージを食べた後にカレーをつけて頬張ると幸せな気分になれた。 この緑色のハラペーニ…

【外食】米粉の麺の焼きそばみたい! 炒めフォーはやみつきになる。

ベトナム料理のお店でメニューを眺めていて見つけたスープなしのフォー。米粉の麺フォーをやきそばやそうめんチャンプルーのように炒めたもので、フォーサオと言うのだとか。麺大好きの私はすぐに反応、注文してほどなく画像のフォーサオが運ばれてきた。 予…

【ドラッグストアでドイツ土産】クランチチョコスティック エスプレッソ味はあと味スッキリ。

自然食品BIOのクランチチョコレートスティック、エスプレッソ味。ドラッグストアDMでひとつ1ユーロしないので、小さなおやつに購入。 包みをはがすと、チョコレートが六つのブロックに分かれてる。 ポキっと折ると、断面はこんな風。折ったブロックを口に放…

【ドラッグストアでドイツ土産】キレイ色の瞬速ごはん、ミュースリーって何だ?

ミュースリー(Müsli)とは、ドイツで売ってるドライフルーツや穀物の入ったシリアルのこと。これはピンク色だけど、プレーンのミュースリーならコーンフレークのような色をしているし、チョコミュースリーならチョコレート色をしていることも。ドライフルー…

【外食】パリサク軽うま! ドイツ的薄ピザ、フラムクーヘンFlammkuchen

薄くてパリッと香ばしく、サクッと軽く、ビールによく合うビール飲めなくても何でもよく合うフラムクーヘンは、ドイツで大好きになった薄ピザ。 この薄さ。窯で焼いたときにできる香ばしく焦げたふくらみまでも美味しい。 生地の上にふわっとかかっているの…

【ドラッグストアでドイツ土産】『地球の歩き方』に載ってたビタミンタブレットをそのまま食べたらエライことになった。

これ、『地球の歩き方』(2017-2018)にもおみやげとして載っているビタミンタブレット。初めてドイツで買った当時はドイツ語もまるで読めなかったので、説明もろくに読まずにタブレットをそのまま口に入れたところ(!)舌の上で泡が立ち始めかつ水で薄めて…

【ドイツ語】アポイントメントをとる der Termin

私が使っている独和辞典には、der Terminの意味が二つ載っている。 期限、期日 アポイントメント その辞書は必需品でとてもお世話になっているし、クレームという訳では決してないけれど、辞書に、実際の生活ではどの意味で使うことが多いのか、その頻度まで…

【外食】貝と蛸と鮭のコラボが美味しい!魚介スープトマト風味。

行きつけのイタリアン(エスプレッソバートラットリア)で食べた魚介類の旨味たっぷりのスープ。その名もFisch Suppe 、魚のスープ。アサリのような貝と蛸と鮭が入っている意外な組み合わせで、海の味を凝縮したような味がする。赤いけれど、トマトは脇役に…

【外カフェ】初体験!バクラヴァを食べてみたら思ったほど甘くなかった。

ドイツはトルコ人がたくさん住んでいるので、トルコレストランもたくさんある。 少し前のこと。お茶をしようと入ったトルコレストランで、チャイを飲むついでにバクラヴァも注文。バクラヴァはキンキンに甘いと聞くけれど、出てきた初めてのお菓子を恐る恐る…

【外食】自家製ワインが飲めぬなら、自家製ぶどうジュースを注文しよう。

ずいぶん前にウィーンに旅したとき、地元老舗のレストランにて注文したぶどうジュース。 お酒を控えてたので、ここのお店の自家製ワインが飲めずにくやしい思いをしていると、自家製ぶどうジュースがあるとわかりさっそく注文した。味は濃厚でぶどうそのもの…

【おうちごはん】コーラビ、大根とカブのあいのこサラダ 塩レモンオリーブオイルをかけて

コーラビって知ってますか?大根とカブのあいのこのようなお野菜。 ぶ厚い皮をむいてサイコロの形に切って、茹でて、塩とオリーブオイルとレモンであえると、ほんのり甘く、箸(フォーク)の止まらない味に。 お客さまに出すと、みんな「美味しい」と言って…

【外食】彩り野菜と卵の黄身がけパスタ。このコクが癖になる

平日の夕方、イタリアンのお店にて。カプチーノだけ飲もうと店に入ったのに、近くのテーブルの人が食べてるこのパスタがあまりにも美味しそうで結局注文してしまう。 塩・胡椒・オリーブオイルで野菜をまとめたシンプルなパスタかと思いきや…このコクのある…