ほっぺた落ちる

食、語学、仕事にまつわる美味しい情報、エッセイ。

【実践】料理オンチがもとから治るイタリアン『落合務のパーフェクトレシピ』

「りっちゃん…味に波があるよね。」

 

ある日夕食を出したら、相方のなつさんが、ぼそっと一言。

 

食べることは大好きでも、作ることが大好きとは限らない。なつさんは元料理人(学生時代のバイト)で、いつも的確に口を出してくるのだ。

                   

慣れてるとはいえ悔しくなって、買いっぱなしだった料理本を開いてみた。「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピ (講談社のお料理BOOK)。ただレシピどおりに作るのではなくて、理屈を知ったうえで作ると腕が上がる、という本。「ご飯まだ⁈」と急かされながらパスタを作る。

               f:id:vitamin18:20190512054310j:image

初心者はフライパンではなく厚手の鍋を使う。ソースを作ってから、パスタを茹でる。ツナは焦げやすいからかき混ぜない。手順に忠実に、丁寧に。

               f:id:vitamin18:20190512045547j:image

できあがり。ツナとトマトソースのパスタ。

 

お味は…ほっぺたが落ちるほど美味しい。とくにトマトと玉ねぎの甘みがたまらない。レシピの材料、マッシュルームやオリーブが家になかったのは悔やまれるけど、代わりに使ったアスパラは、ツナやトマトと相性がよかった。

 

きちんとポイントを守って作ると、こんなに違うのか。落合務シェフはすごい。

 

心の中にわずかに変化が訪れた。美味しいものが作れた。イタリアンって楽しい。

 

「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピ (講談社のお料理BOOK)

「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピ (講談社のお料理BOOK)