ほっぺた落ちる

食、語学、仕事にまつわる美味しい情報、エッセイ。

【おうちごはん】生マッシュルームとオリーブがポイント!アボガドサーモン丼ほど楽うまなレシピはない。

f:id:vitamin18:20190607070214j:image

スーパーに売ってる魚の種類が豊富とは言えないなかで、2日にいっぺんは魚を食べたいという願望を持ってしまったら、鮭とか鱈とか同じ魚をどれだけバリエーション豊富に料理できるかが満足な夕食を食べるための鍵になる。だから、ふつうの切り身の生鮭と、スモークサーモンは、まったく違うものに見えてきたりする。

 

くわえてどうにも料理をする気分になれない日があったら、その日はアボガドサーモン丼に打ってつけの日。時短で美味しく魚と野菜をたっぷり食べれるメニューって、少なくとも今はほかに思いつかない。

 

時短と言ったのは、まずこの丼ぶりは火を使わない。切ってほかほかご飯に乗っけるだけ、で感動的に時間を節約できる。アボガドとトマトを手頃な大きさに切り、玉ねぎは薄くスライスして水にさらす。マッシュルームは薄く切れば生でも美味しいし(分厚く切っても美味しいと言う人はいる)、オリーブも輪っかに切って入れたらアクセントになる。この生のマッシュルームとオリーブの輪っかは隠れた主役で、あるとないとで美味しさが変わる(と勝手に思ってる)。

 

ほかほかご飯の上にこれら具材を乗っけて、最後にスモークサーモンをかぶせ、マヨネーズと醤油をかけていただく。

 

スープなりお味噌汁なりの汁物と、何がしかのサラダを添えればなお良し。忙しい人の心強い味方だなあ、と作るたびに思う。