ほっぺた落ちる

食、語学、仕事にまつわる美味しい情報、エッセイ。

【外カフェ】初体験!バクラヴァを食べてみたら思ったほど甘くなかった。

f:id:vitamin18:20190528135716j:image

ドイツはトルコ人がたくさん住んでいるので、トルコレストランもたくさんある。

 

少し前のこと。お茶をしようと入ったトルコレストランで、チャイを飲むついでにバクラヴァも注文。バクラヴァはキンキンに甘いと聞くけれど、出てきた初めてのお菓子を恐る恐る食べてみると…思ったほど甘くない。

 

甘さ控えめとまでは言わないけれど、パイのような生地の中にピスタチオやヘーゼルナッツなどが入っていて、甘い蜜がかけられており、噛むほどに甘い(結局甘い)。でも、キーンとくるほどでもない。くわえて、このてっぺんに乗っかった生クリームにお砂糖が入ってないので、一口大に切ったバクラヴァと合わせて食べると、口の中がしっとりとして、糖分もほどよく緩和されてちょうどいい。

 

そして、この可愛らしいサイズのチャイ。これも想像していたほどは小さくない。おちょことまでは言わないけれど、おちょこ三つ分くらいのサイズ(結局小さい)かしら。これが、バクラヴァによく合って美味しい。

 

本場でも食べてみたいなあ、とため息をついた。ドイツの地で食べるバクラヴァと本場トルコで食べるバクラヴァ。比較してみたら、どう違うだろう。