ほっぺた落ちる

食、語学、仕事にまつわる美味しい情報、エッセイ。

【雑記】雨にもひるまず酒を飲む人々。

f:id:vitamin18:20190615044525j:image

大画面テレビでホームシアターか、カフェに行って友人とおしゃべりするか。垣間見たドイツの人たちの雨の日の過ごし方ってそんなだ。

 

ところで、ドイツの人たちはテラスが大好き。真冬でさえ外で一杯やっている人もいる(!)。(通常、テラスは季節もので暖かい季節に出現するけれど、クリスマスマーケットなんかで)

 

ましてや春や初夏を迎えれば、みんなテラスに出てしまい、店の中に客がいないことも珍しくない。(紫外線が気になる私は中に座る。)

 

最近、雨の日にテラスで飲んでる二人組を発見! 正確に言うと、ドイツの空は晴れたり雨が降ったりと忙しく、その日も急に雨雲がやって来て降り始めたのだけれど、ひるむことなく外に居続けおしゃべりしていた。

 

たくましいな、と思う。でも、はたしてテーブルに置いてあるワインを飲むのか。

 

……。

……。

 

飲んだ!!!味は変わらないんやろうか。雨の入ったワインって美味しいんやろうか。たしかにドイツの人たちって12月のクリスマスマーケットなんかでも雪の中で温かい甘いワインを飲んでるけれど。雨よけにパーカーのフードをかぶりながら、ワインを飲む。雨にもひるまない人たち。空気が乾燥していて濡れても服や肌がすぐに乾く国だからなあ(違)。おしゃべりを大事にする人、好きだ。

 

※雨の日には多くのカフェがテラスにカバーをかけてテーブルをしまってしまいます。なので、ドイツ中の人たちが雨の中でお酒飲んでる訳じゃありません。ただし、屋根や大傘のあるお店では雨の日もテラスは使えます。